« 名は体を表す | トップページ | 要求と怒りで政治を変えよう »

2008年4月11日 (金)

紅茶と温暖化

 高校の講師をしていた時に、同僚の先生方と行った紅茶専門店があります。メニューはなく、その時々でショーケースに並ぶケーキの種類は違う。その中から好きなケーキを選ぶと、「そのケーキには、この紅茶が合います」といった具合です。

 紅茶はもちろん、ケーキの材料にもこだわるオーナーと、すごっく久しぶりに話しをしました。ビックリしたのは、スリランカやセイロンでは、温暖化の影響で、異常気象になり局地的に豪雨になったりで、10年前の紅茶の品質と同じものが取れなくなっているということでした。「2004年頃から、本当におかしくなってきた。政治の場でも話がされているけど、まったく現場の感覚とずれてる。温暖化は、もっと深刻だよ」と話されていました。

 わが家でも、「うちの方でニガウリが取れることじたい、おかしい。ニガウリは沖縄が産地なんだから、それだけ気温が上がってきているってことなんだよ」という話をした記憶があります。

 「植物に厳しい環境というには、人間も生きずらいってことですよね」と。

 日本共産党が、温暖化に国を上げて取り組んでいるEUに調査団を出しまいた。その話を少し聞いたところによると、国によっては、各企業とCO2(二酸化炭素)の削減目標を協議し、その目標が達成できなければ、罰金を科しているそうです。日本でも、個人の努力と同時に、CO2の排出量の8割を出している大企業などに対して、政治がきちんと目標を協議するなど、削減のために役割を発揮していかないと、取り返しのつかないことになると思うのです。

« 名は体を表す | トップページ | 要求と怒りで政治を変えよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 名は体を表す | トップページ | 要求と怒りで政治を変えよう »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ