« わかりやすいことが大事 | トップページ | 千葉大学へ »

2008年6月 1日 (日)

国際フォーラム-G8に向けて

 国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会(食健連)主催の、国際フォーラム「温暖化・食糧問題と食糧主権-G8洞爺湖サミットに向けて-」に参加してきました。

 パネリストは、3人

 世界130カ国以上、3700人以上の研究者・専門化が関わり、温暖化の影響について報告をまとめたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)のメンバーで、国立環境研究所特別客員研究員の西岡秀三さん

080601

 ビア・カンペシーナ国際代表のヘンリー・サラギさん。ビア・カンペシーナとは、40ヶ国以上の農民組合等で構成される国際農民組織で、日本では農民連が加入しています。サラグさんは、インドネシアで農業を営む農民で、昨年イギリスのガーディアン紙が選んだ「地球を救う50人」に選ばれた方。

080601_5  080601_3

 農民運動全国連合会(農民連)副会長の真嶋良孝さん。「いまこそ日本でも食糧主権の確立を!このままでは食べ物がなくなる?-ウソのようなホントの話」(600円)の著者。このパンフは、国際部長をされている真嶋さん自身の体験などを通じて、いま世界がどうなっているのか?日本が何をなすべきか?が非常にわかりやすくまとまっていて、私も学習会などで紹介し、「ぜひ読んでください」とお勧めしています。

 one西岡さんは、10~20年内をピークにCO2の大幅な削減が求められていること。CO2削減のために、あらゆることを真剣にやれば、1990年に比べて70%減らせる可能性があることなどが紹介され、スライドで映し出された、田園風景の中には、山があり、田がありと、食糧生産だけではなく、景観、国土保全、癒し、など、数え切れないほどの役割があることが紹介されました。

 twoサラギさんは、食糧危機は農業の自由化によって起こったと強調。国際市場に低価格の農産物を流通させ、インドネシア、フィリピン、タイなどの農業国を、次々輸入国にしていった。農村の人こそ飢えている。誰に責任があるのか?

 そして、バイオ(アグロ)燃料について、もっと注意する必要がある。どれだけが燃料になっているのか?作っている人たちにどう影響を与えているか?森林の伐採など。誰が利益を得ているのか?多国籍企業が、種子、肥料、大規模プランテーションを持っている。インドネシアでは、60%が農民だが、土地は他国の大企業によって支配されている。貧困が進み、食糧が変えない。農村と貧しい人が手を結び、G8サミットに向けて、国に圧力をかけ、私たちの立場をつきつける必要だある。

 three真嶋さんは、穀物価格の高騰によって、深刻な飢餓が新たに生み出され広がっていること、その背景で、アグリビジネス企業(穀物メジャー)が、昨年比で、8倍~20倍近い利益を上げている実態を紹介。投機を規制する必要があることを強調。また、日本で減反をしながら、米を輸入しているミニマムアクセス米やWTOの異常さ。輸入は、遠距離を運ぶために石油を浪費し、CO2を排出する。温暖化にとってもマイナス。などの話がされました。

080601_6

 会場からも、消費者、水産、林業など様々な立場からの発言が次々だされました。

 シンポジュームに参加して、儲けるためのグローバリゼーションは、地球を破滅させると実感しました。

 特にサラギさんの話・・・熱帯のインドネシアに、寒い地域のヨーロッパ風の家を建てさせようとしている。その家には、エアコンが必要になる。もともと、自転車で行き来していた都市の人は、車やバイクに乗り始めた。ゲーム、アニメ、映画で、このような文化が、他の国の文化を支配し、地元のローカルな文化が奪われている。食、文化、エネルギーの主権を守る必要がある。と、

 それを受けて、西岡さんも「日本型、アメリカ型の文化、ライフスタイルを押し付けるな。自分たちの文化を見直す必要がある。なにが風土にあった生活なのか。地産地消、旬産旬消を」と。

 そして、最後に真嶋さんは、「“産直”を世界語にしましょう。過労死や孤独死ではなく!」と。

 本当にその通りだと思った。いま、世界中が、一握りの多国籍企業や、投機ファンドによって、命を奪われようとしている。そして、46億年かけて作られてきた地球が破壊され、人類の生存事態が危険にさらされようとしている。サラギさんは「地球全体の人たちが、この同じ問題に直面をしている。国際的な運動に合流していくことで、変わってくると思います。連帯の原則で、地元の人々の文化を、非暴力で、集団の意志決定、行動は創造的でなければなりません。たたかいは長くつづく、希望をたっせいするために」

080601_7

 いま、世界は市民の力によって動き始めていること、その力をさらに大きくしていくことが必要であることを実感した一日でした。 

« わかりやすいことが大事 | トップページ | 千葉大学へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« わかりやすいことが大事 | トップページ | 千葉大学へ »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ