« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月12日 (木)

原爆症認定集団訴訟-東京高裁判決

 「明るい会」の第一声の後、霞ヶ関に向かいました。

■厚生労働省前

090312_3

 6年にわたる被爆者の方たちの闘い、原爆症認定集団訴訟の高裁判決が出される歴史的な日でもあります。

090312_4

 厚生労働省前で、「認定基準を抜本改定しろ!」「被爆者をこれ以上苦しめるな!」と、みんなで訴えました。

090312_5

■東京高等裁判所

 抽選券が配布され、合格発表のように、数字が張り出されます。無事、裁判所に入ることができました。

090312_15

 開廷し、裁判官が「主文・・・」「・・・棄却・・・」

 ほんの数分で、判決は言い渡されました。

090312_6

 6年にわたる原爆症認定集団訴訟、千葉地裁での原告(被爆者)勝利の判決を不服と、控訴した厚生労働省の訴えは、「棄却」され、「全員勝訴」の判決でした。

090312_7

 「やったー!!」「良かった!!」歓びとともに、ほっとした表情が・・・

090312_8

 原告のお二人、朝比奈さんと、高田末子さんと

■衆議院第2議員会館

090312_9

 会場いっぱいの中、報告集会がはじまりました。自民党、民主党、社民党の議員が次々かけつけ挨拶。

 日本共産党は、自身も被爆2世である笠井亮衆議院議員が挨拶しました。

090312_11

 司法が出した判断との乖離を早急に解消する必要があり、原爆症の認定基準の抜本改定が必要であること、超党派での取り組みをと、共通して話されました。

090312_12

 記者会見を終え、駆けつけた弁護団から判決の説明がありました。

 「これまで、厚生労働省が、原爆症であるかどうかの認定基準にしてきた(核実験を元にした)DS86やDS02は、人々を防御するために使われるもので、被爆者をきるために使われてはならないとし、全体として千葉地裁での判断をさらに進めるものです」と。

090312_13

 被爆者友愛会の青木会長も、満面の笑みで・・・

 原告の朝比奈さんは、「この裁判は病気の裁判ではなく、放射能の被害が、どれほどのものかを世界にしらしめる裁判。一粒であっても、放射能は人体に害を及ぼすことも指摘された。正義は、必ず勝利する!」

 高田さんは、「肝硬変がひどくなるど、動脈瘤ができ、破裂すると吐血する。これで、上告されたら、これ以上、続けていけない。身体が続かない。これで終わりにして欲しい。寒い中、東京まで出てきてくださり、本当にありがとうございました」

090312_14 

 最後は、千葉県の弁護団の事務局長、秋元弁護士が、閉会挨拶をしました。

 14日は、午後1:30~JR津田沼駅で宣伝が行われます。

千葉県知事選告示

 いよいよ、千葉県知事選挙が始まりました。

 日本共産党は、「明るい会」の構成団体として、県民切り捨ての県政転換のためにがんばります。

 「明るい会」の第一声は、千葉駅クリスタルドーム前で行われ、日本共産党の小池晃参議院議員も訴えました。

0903122

 西松建設の献金問題を国会の中で追及しているのは、日本共産党だけという、異常な状況があることを紹介しながら、献金と無縁の日本共産党が推薦している候補と一緒に、「千葉に住んでいて良かった」と思える、県政に転換し、千葉を変え、国を変えましょう!と。

  やはり、一部の企業の利益のために、八ッ場ダムや、つくばエキスプレス沿線開発を進めるのか、それとも、きっぱりと中止し、福祉型の公共事業に切りかえるのか。それが、できる候補かどうかは、やはり、バックについている人たちの姿勢に関わっていると思います。

090312

 1000人近い方々が、鈴なりに・・・マスコミの取材もたくさん。

090312_2

 最後に、「明るい会」の事務局長から、「みんながメディアになって、話を聞き、政策を語り、県政転換の思いを広げましょう!」と、呼びかけられ、熱気あふれる第一声でした。

2009年3月11日 (水)

八田英之さんを知事に

■朝・船橋市役所前

 いよいよ!明日は、千葉県知事選挙の告示です。丸山慎一県議、石川敏宏、岩井友子両市議、千葉土建のみなさんなどと一緒に、市役所前で宣伝しました。

090311_s

 風が強いのなんの・・・さらに、昨日とはうって変わって風は冷たく、とにかく寒かったです。そして、この立っていた場所が、ちょうど風が通り抜ける場所だったもので、ビラもバタバタ・・・

 しかし、たくさんの方がポケットから手を出し、明るい会の八田英之(ふさゆき)さんのチラシを受け取ってくださいました。

  その後、千葉の事務所での会議に出席し・・・

■津田沼駅

 夕方は、津田沼駅で、明るい会の大きな宣伝カーで、丸山慎一、岡田幸子両県議、新日本婦人の会千葉県の浅利会長と、共に私も訴えました。

090311_s

 財政力はあるのに、福祉、医療、教育など、私たちが本当に求めている予算は、のきなみ全国最下位レベル。

 私立高校に通う生徒への私学助成金も県はまったく上乗せをしないどころか、中学や幼稚園にいたっては、国からの補助金をピンハネし、他にまわしたり、

 子どもの医療費も、結局窓口負担を増やし、所得制限をもうけるなど、予算は増やさない。

 老人ホームは、全国一入りずらい。医師の数も、看護師の数も、ワースト3位、2位。

 ここを切りかえられるかどうかが、大きな焦点になります。

 これまでの県民生活切り捨ての堂本県政を引き継いだり、企業団体献金を受け取り、私たちの税金をムダ遣いの大型開発にまわすような政党の推薦や応援を受けている候補者では、私たちの願いは託せません。

 企業団体献金、政党助成金をいっさい受け取っていない日本共産党推薦、明るい会の八田英之さんだからこそ、福祉型の公共事業で、地元業者に仕事をまわし、職員の雇用創出、なにより県民の不安解消のために、ムダな大型道路、ダム建設をやめ、思いきって予算を切りかえることができます。

 ぜひ、千葉県知事選挙、みなさんの願いを、明るい会の八田英之(ふさゆき)さん、託してください。

 と、訴えました。

 

 3月15日午後2時~JR津田沼駅北口で、明るい会の街頭演説会があります。八田英之さんと、日本共産党の志位和夫委員長が、お話します。

2009年3月10日 (火)

たくさんの声援

■朝・津田沼駅

 昨日の夜から降っていた雨もあがり、丸山慎一県議と共に、津田沼駅に立ちました。

090310_s

 明後日は、千葉県知事選挙が始まるので、拡声器を使っての朝の宣伝は、これが最後です。明るい会の八田英之(ふさゆき)知事を誕生させたい!

 その思いを訴えました。

■市内宣伝

090310_s_2

 高根公団駅を出発し、高根、八木が谷、高野台、二和などなどを回りながら、丸山慎一県議と、5分ずつ訴えました。

 遠くから、自転車を止めて手を振ってくだる方。車の窓を開けて、手を振ってくださる方などなど、たくさんのご声援をいただきました。

2009年3月 9日 (月)

2つに1つの選択

■朝・西船橋駅北口

090309_s

■市内宣伝

 12日告示で始まる、千葉県知事選挙。

 選挙期間中は、拡声器を使っての宣伝が、規制されます。その前にと、丸山慎一県議と宣伝カーを走らせ、市内を回りました。

090309_s_2

 私は、国政問題を。丸山慎一県議は、県政問題をそれぞれ5分ずつ分担して訴えました。

 千葉県は、全国一特養老人ホームに入りずらい県であること。企業誘致をするために、50億円もの補助金を出しながら、その企業が「派遣ぎり」を行っても何も言わない。水があまっているのに、建設を進める八ッ場ダムの計画は、50年前に立てられたもので、ムダ使いの何ものでもないこと、などなど、

 こういう県政の流れを変えることが求められています。

 しかし、明るい会の八田英之(ふさゆき)さん、以外に立候補を予定している候補者4人は、みんな自民党に通じています。

 元自民党県議の西尾健一さん。自民党の法務大臣森英介さんの支持を受けている吉田平さん。元自民党衆議院議員の森田健作さん、公明党の支持を受けている白石ますみさんも、けっきょく、自民党の応援を受けています。

 自民党が応援する候補者か、それとも、明るい会の八田英之(ふさゆき)さんか、選択は、2つに1つではないでしょうか!?

 

2009年3月 4日 (水)

経済危機どう乗り越える

 毎月一回取り組んでいる、西船橋駅南口での、雇用宣伝です。

 2月の志位和夫委員長の予算委員会での質問、「派遣切り」を止めるために政治はあらゆる手段をつくせの全文とチラシを配布しました。

090304_s

 ハンドマイクで訴えながら、改めて「100年に1度と言われる経済危機」を、どう乗り越えていくのか問われている。

 やはり、アメリカだのみ、輸出頼みで一部の巨大企業が儲けをあげることを応援する政治から、国民の懐をあたため、消費を拡大し、国内の経済を活性化させる方向に、政治の舵取りを根本的に変えていくことが求められていると思います。

 それだけに、民主党の小沢代表の西松建設からの違法献金をめぐって、秘書が逮捕されたというのは、誰のために政治を行ってきたのか!?という、根本姿勢が問われる問題だと感じます。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ