« 斉藤和子の演説 | トップページ | 選挙を終えて »

2009年8月17日 (月)

決意

 いよいよ、明日(18日)総選挙が公示されます。2007年11月30日に記者会見で立候補を発表して、1年9ヶ月。とうとう、この日がきました。8月30日の投票日まで、お一人お一人のみなさんの心に届くよう全力で訴え、走り抜きたいと思います。

090802

 20日18:30~JR津田沼駅で、志位和夫委員長がお話します。ぜひ、お越しください。

 斉藤和子はどんな人(⇒ここをクリック)

 公職選挙法により、選挙期間中はブログの更新ができなくなります。そこで、最後に思いを書いておきたいと思います。 

 先日、たまたまオバマ米大統領のロシア経済学院卒業式での講演を読む機会がありました。

 そこに 「どの国ににおいても、21紀の最大の資源は皆さんだからです。人、特に若い人たちが最大の資源です。そして、その資源を活用する国が、成功する国になります。その成功は、法の支配の下で機能する経済に依存しています。・・・成熟した有効な法制度は、持続的な経済発展の一条件です。」

 「歴史を見れば、国民のために奉仕する政府は存続し繁栄すること、自らの権力のためにのに奉仕する政府は存続も繁栄もできないことがわかります。国民の意思を代表する政府が、破たん国家となったり、国民を威嚇したり、他国に戦争を仕掛けたりする可能性は、はるかに低いものです。」

 と、ありました。これを読んで、その通りだsign03アメリカは変わり、世界は動きはじめています。国が栄えるのは、そこに住んでいる一人ひとりが栄えているからこそです。

 郵政民営化にはじまり、なんでも市場まかせ、派遣労働の自由化、医療、福祉の改悪で人間の命さえも儲けの対象にした政治が、国民の暮らしを破壊し、将来への不安を増大させたことは明らかです。

 自分たちが進めてきた政治が国民を苦しめている事実が見えず、反省することもできない。自分の保身しか考えない政治家には退場していただく。

 「反戦平和」「国民こそが主人公」を掲げ87年、共に苦しみを分かち合い、仲間と共に立ち上がり、変える展望を語り継いできた日本共産党への一票こそ、国民の命を守り、未来を切り開く一票です。

 外国の党のイメージや偏見ではなく、ありのままの日本にある日本共産党を見てください。

 それでは、このブログをご覧いただいている、あなたにお会いできることを楽しみにしています。ぜひ、声をかけてください。がんばりますsign03

Photo

【選挙期間中の予定】

18日10:30~JR船橋駅北口第一声

19日6:00~JR船橋駅

20日6:00~JR津田沼駅18:30~志位和夫委員長がお話します。

21日6:00~北習志野駅

以降の日程は、事務所にお問い合わせください。

電話047-440-5240

« 斉藤和子の演説 | トップページ | 選挙を終えて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

暑い中お疲れ様です!

滑り込みですが応援を。

専門学校に行き何とか就職しましたが、仕事少なくて大変です。
節約もかねて、自炊しようとスーパーにいっても、食材は安いばかりでおいしくないし、生産国はわからない。

給料が安いから安いだけのものが出回るのか、安いものしか売れないから給料が安いのか。

ずいぶん前から自給1000円を訴えていた、
派遣労働の問題など雇用の問題に真剣に取り組む、
農業の問題に真っ向から取り組む、
武器や暴力がないだけの平和ではなく、一人ひとりが安心して暮らせるという意味での平和を目指す、

斉藤和子さんと、日本共産党を応援します!


すみません遅くなりました。m(_ _)m
体調に気をつけてください!

(25歳 会社員 名前アジ)

高校の同級生である“わっこちゃん”の顔を
選挙のポスターで見て、驚きました。
頑張っているんだね。背筋が伸びる思いです。

同級生だから、ではなく、
あなたの考えとそれを体現する行動力を支持します。
陰ながら応援しています!
暑い中の選挙戦ですが体調を崩さぬよう気をつけて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505301/45957162

この記事へのトラックバック一覧です: 決意:

« 斉藤和子の演説 | トップページ | 選挙を終えて »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ