« 紙智子さんと匝瑳市で | トップページ | 全国青年大集会2010 »

2010年5月15日 (土)

「赤旗」にニューヨークの手記がのりました

NPT再検討会議 国際行動に参加して

草の根の力は世界を動かす 千葉・さいとう和子の手記

 日本共産党のさいとう和子参院千葉選挙区(予定)候補は1~6日、NPT(核不拡散条約)再検討会議の開催地ニューヨークで日本原水協代表団の国際行動に参加し帰国しました。手記を紹介します。

3

 再検討会議開会前日の2日、核廃絶の署名を呼びかけました。午後は世界各国から集まった1万人を超える人々がマンハッタンの中心地を横断し国連までデモ行進しました。

 共感の笑顔が

 オバマ米大統領が昨年プラハで核廃絶を呼びかける演説をしたとはいえ、核兵器を唯一使用し、正当化している国で、どんな反応が返ってくるのか私はドキドキでした。ハッピや着物を着て手作りの横断幕を掲げ、原爆写真をならべ、折りづるを配り、署名板をもって何やら訴えている日本人の私たちの出現はそれだけでもインパクトがあったようです。

100502_113351

 「あなたたちは何?」と声をかけてくれたり、英文の署名を出すと読んでくれて「OK!」と署名。なかには「核兵器好きだよ」と言う人もいましたが、片言の英単語で「核兵器廃絶」「平和が好き」これだけでも共感し、笑顔が返ってきます。思った以上に温かく、親しみをもった反応に衝撃を受けました。

 「死ぬまでが私の被爆体験です」と語る被爆者。身体だけではなく、いわれのない偏見と差別に人生を切り裂かれ「二度と誰にも私のような思いはさせたくない」と訴え続けてきた被爆者に、私は突き動かされてきました。一人が発した思いに共感し、共鳴しあい、運動は広がっていく、このシンプルな現象は世界共通なのだと感じた瞬間でした。

 努力とドラマ

 国連の近くのハマーショルド広場に積み上げられた690万以上の署名、1500人の代表団を送り出した背景には、無数の人々の努力とドラマがあったはずです。その思いは再検討会議のカバクチュラン議長が、警察の封鎖をのりこえて署名を見にきたことに代表されるように確実に届き、世界を動かしはじめています。

 それだけに「核抑止」にしがみつき、奥深くから沸き起こっている核廃絶の巨大な動きが見えない日本政府の罪深さを痛感しました。

  日本共産党は「核兵器廃絶」を綱領に掲げ、党首の志位和夫委員長がNPT再検討会議に出席した唯一の政党です。しかし、その報道はほとんどありません。

 だとしたら私たちは、草の根の力で対話を広げ、地に深く根をはり、真剣に日本のことを考えている国民とタッグを組んで、参院選で日本共産党の躍進を勝ち取り、日本政府を変える。

 それが核廃絶を願う世界の人々への責任だと決意を新たにしました。

(「しんぶん赤旗」2010.5.15付)

S_2

【写真:ハマーショルド広場で志位和夫委員長と。右後ろに見えるのが、690万筆以上の積み上げられた署名です】

« 紙智子さんと匝瑳市で | トップページ | 全国青年大集会2010 »

コメント

5/22(土曜日)に行われる演説会に行ってみたいです。
今年の参議院選挙に立候補されるようなので、その人物査定と言っては何ですが、お話を聞いてみたいです。
この演説会は関係者のみですか?それと費用はかかるのでしょうか。ご回答のほどよろしくお願いします。

fehooさん
コメントありがとうございます。
22日土曜、午後2時から千葉県文化会館で行う、
日本共産党演説会は、どなたでもご参加いただけます。
もちろん、参加費は無料ですので、お気軽に会場にお越しいただければと思います。
お待ちしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505301/48367954

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤旗」にニューヨークの手記がのりました:

« 紙智子さんと匝瑳市で | トップページ | 全国青年大集会2010 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ