« 2010年6月 | トップページ | 2012年1月 »

2010年7月

2010年7月20日 (火)

参議院選挙を終えて

 参議院選挙が終わり、1週間が過ぎました。ブログを更新しようと思いながら、うまく言葉が見つからず、先延ばしになってしまいました。この間、船橋、津田沼、新松戸、柏で、結果報告とお礼の朝宣伝を行い、地元や、団体、労働組合などを中心に挨拶まわりをしていました。

 今回、163,803人の方が、「さいとう和子」と書いてくださいました。たくさんの方から「がんばって」「さいとうさん、応援するからね」「政見放送、すごく良かった」「家には5票あるから」「(期日前で)あなたに入れてきたから」と、声をかけていただきました。

 そして、演説箇所にたくさんの党員、支持者、後援会の方々が駆けつけてくれたり、ビラの配布や支持拡大などそれぞれの活動をしながらも、宣伝カーを受け入れ、食事や休憩などの準備も含め、本当に数え切れない方々、地方議員、事務所のみなさんの支えがあって、励ましがあって、たたかい抜けた選挙でした。

 それだけに、ご支持、ご支援いただいたみなさんへの感謝の気持ちと同時に、期待に応えることができず、本当に申し訳なく、自らの力不足を痛感し、悔しい思いでいっぱいです。

 開票速報を見ながら、過去最低票に近い千葉選挙区の票を見て寝付けなかった私は、地元船橋市の票を調べました。前回小選挙区千葉4区の票は、23050票。今回は、22643票。これを見て「なんとか、踏みとどまった」と、少しホッとし布団に入りました。

 しかし、今回の参議院選挙の結果は、本当に考えさせられる結果になりました。

 比例代表選挙での得票を、前回参院選の4,407,932票から、3,563,556票に84万票減らし、さらに、直近の昨年総選挙の得票からは、138万人の方からの支持を失う結果となりました。

参議院選挙の結果について・・・日本共産党中央委員会常任幹部会

 ・・・私たちは、今回の選挙結果を重く受け止めています。国政選挙での巻き返しにむけ、本格的な態勢構築をはかります。党綱領と大会決定にたちかえり、今回の選挙戦について、政治論戦、組織活動などあらゆる面で、どこにただすべき問題点があるか、前進のために何が必要かについて、党内外の方々のご意見・ご批判に真摯に耳を傾け、掘り下げた自己検討をおこなう決意です。・・・

 私も候補者として、自らの訴え、活動がどうだったのか、自己検討をし、今後の活動にいかしていく決意です。

 最後に、2007年11月の総選挙の立候補表明から合わせると2年8ヶ月、私は候補者として、精一杯かけ抜けてきました。それができたのも、家族のバックアップがあったからこそです。

 そして、常に励まし、支え続けてくれた丸山慎一県議はじめアナウンサーの仲間たちが、いてくれたおかげです。先日、その最高の仲間たちから、アルバムをプレゼントされました。

 そこには、はじめて街頭に立った時から、参議院選挙最終日7月10日新津田沼駅での最後の訴えをした私の候補者として走り抜けた2年8ヶ月が詰まっていました。

 涙があふれて来ました。私は、本当に幸せ者です。心から、ありがとう!!

 私につながるすべての人、この世に命を受けたすべての人が、幸せに生きられる社会をめざして、今後も草の根の活動を続けていきます。

 本当にありがとうございました。

斉藤和子

« 2010年6月 | トップページ | 2012年1月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ