« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

たけのこから基準以上の放射能その対応は

■北習志野駅

S

 朝から雨が降っていましたが、地元渡辺ゆう子市議、丸山慎一県議、地域の皆さんと、朝の訴え。

■放射能への対応

 千葉県庁で、たけのこや原木しいたけから、基準以上の放射能が検出された問題で、県の対応の聞きとりと、要請を行いました。

S_2

 八千代市の中村たけとし市議、加藤英雄県議、丸山慎一県議、農家のみなさんと。

 福島第一原子力発電所の事故によって出された放射能の被害は、時間を追うごとに拡大していると改めて痛感します。

 200km離れた船橋でも、たけのこ1kgあたり100ベクレル以上の放射性物質が検出され、出荷停止になっています。

 本来であれば出荷して、収入になるべきはずのものが入ってこない。この原因を作った東京電力が、全面賠償するのは当然です。同時に、千葉県としても「検査費用なども、東京電力が賠償すると言っています」と言うだけではなく、県として一括賠償請求するなどの対応が必要ではないかと、要請しました。

 この交渉で、県は、原木しいたけの除染方法や、たけのこになぜ高濃度の放射性物質が検出されるのか、知識者や近隣とも連携して調査しているが、明確な方法も、原因も明らかになっていないと話しました。

 原因も明らかにならない。放射能が人類にどんな影響を与えるのか明確にもなっていない以上、私たちは、この目にも見えない、においもしない物質を測定して、避ける意外に身を守る方法はありません。

 そして、東京電力にも政府にも、放射能がどれだけの被害をもたらしているのか、自覚してもらうための賠償請求運動を大きく広げ、これ以上放射能を放出させないために、原発の再稼働をさせない運動を!世論を!さらに大きくしていく必要があると、より強く決意しました。

■船橋駅

S_3

 6月1日の演説会に向けて、船橋駅南口で、丸山慎一県議、船橋市の岩井友子市議、佐藤重雄市議、金沢和子市議、後援会のみなさんと夕方宣伝。

 この日、届いたばかりの「提言」のダイジェストパンフレットを紹介しながら訴えていると、何人かの方が立ち止まってくれていました。

 あれ?若い子が・・・と思っていたら、「わかりますか!?」と声をかけてくれました。なんと!大学を卒業してすぐ県立清水高校で講師をしていた時の教え子だったのです。

 すでに結婚をして、旦那さんと買い物に来ているところ偶然にも。。。こんなに嬉しいことはありません。すごい励まされました。

■明るい船橋民主市政の会

 本日、最後は、来年6月に行われる船橋市長選挙。

 船橋市内の労働組合や市民団体、女性団体など、日本共産党も加わって作っている「明るい船橋民主市政の会」主催の船橋市政と予算の学習会に参加し、あいさつしました。

S_4

 佐藤重雄市議が報告。船橋市の財政は健全で、それをどう使うかが問われていることを指摘しました。

2012年4月26日 (木)

世論の力が一番の脅威

 国会にみなさんから寄せていただいた、消費税増税ストップ!原発からの撤退を求める署名を届けてきました。

 南関東ブロック(千葉、神奈川、山梨)の国会請願行動です。

Dvc00076

 田村智子参院議員が、国会の情勢報告。

 印象的だったのは、前田国土交通大臣の問責決議案の趣旨説明、賛成討論で、中止しようとしていた八ツ場ダムなど、大型公共事業をやってくれて、こんなに素晴らしい大臣はいない。その人に問責決議を出すのはしのびないが・・・と、説明。

 しかも、賛成討論に立ったのは、千葉県選出の石井準一参院議員。これを読むと、本当に大型公共事業をやりたくて、やりたく仕方がないんだなということが、良くわかります。いったいどんな利権が・・・・・と思ってしまいます。

 もう一つは、TPPをめぐる問題です。

 ちょうど、前日、日比谷野外音楽堂で、「TPP反対の集会が行われ、デモ隊を迎える議員面会所には、みんなの党以外、すべての政党、自民党から日本共産党まで勢ぞろい。

 集会での他党のあいさつも、いままでは「TPPへの参加表明反対」と言っていたのが、「TPPへの参加は反対」と言うように変化。言わざるを得ない世論の力がある!と報告されました。

 それにしても、これだけ世論が動いているのに、みんなの党だけ出てこないというのは、この党の本質が表れていると納得します。

20120426

 みなさんと一緒に署名を提出しました。一番右は、志位和夫委員長の秘書の浜田さんです。

 全体で6880人分の署名。私たちは、1049人分の署名を届けました。

 引き続き、消費税増税ストップ!原発からの撤退!TPP参加許さない!のみなさんの思いを署名に託してください。

 この日、国会は、騒然としていました。

 障害者のみなさん、年金者のみなさん、脱原発を求めるみなさん、東電への賠償問題で要請に来た農民のみなさんと、議員会館の受け付けは、混みあい、大行列が出来ていました。

 これは、議員にとっては、脅威だろうし、相当な圧力を感じているんだろうということは、想像出来ます。

 だからこそ、消費税増税も、原発再稼働も簡単には出来ない状況が作り出されている。

 世論の力で政治を変えられる!そんな、わくわくする気持ちで、国会を後にしました。

2012年4月25日 (水)

くらし懇談会

 市場地域の日本共産党後援会主催「くらし懇談会」に参加しました。

S_3

 金沢和子市議、丸山慎一県議が議会での様子などを報告。

 原発再稼働をめぐる報道を見ていると「原発の危険性をどう認識しているのか!?と、すごく疑問に思う」

「電気料金の値上げに伴って、マンションの共有部分の管理費の値上げも出てきている」。

 消費税増税の報道では「若い人の前を歩くのが嫌になる。あいつら早く死ねよって思われているんじゃないか、と思ってしまうんですよね」と、はじめて参加して下さった80歳代の男性が話されていたのが、印象的でした。

 高齢者も、青年も、みんな苦しんでいるのに、その原因を世代間の対立をあおることで、ごまかそうとする政府。それをあおるマスコミ。

 そんなごまかしに乗らないぞ!と、今こそ共に手をたずさえ、声をあげていく時だと、つくづく感じます。

2012年4月24日 (火)

朝も夕も津田沼駅で

 津田沼駅で朝の宣伝。

S

 丸山慎一県議、石川敏宏市議、中沢学市議、渡辺ゆう子市議と一緒に、私もあいさつしました。

 消費税増税関連法案と合わせて、保育の制度を大元から崩すような「子ども子育て新システム」など、私たちの暮らしに大きく影響する11もの法案を、一気に審議する特別委員会を設置する動きは、許せない。

 原発再稼働なんてありえない!と訴えていると、本当に私たち国民の気持ちはどうでも良いのか!?と怒りが湧いてきます。

S_2

 夕方は、やはり津田沼駅で、消費税増税ストップの署名を呼びかけました。

24

 渡辺ゆう子市議、中沢学市議、地域の後援会のみなさんと一緒です。

 署名をして下さった女性が「本当にひどい!働いて税金払えなくなったら死んでくださいと言われている感じ。仕事も年齢で切られてしまって、見つからない。。。」

 高校生も「困ります。お小遣いがあがるわけでもないし・・・」と。

 消費税増税ではなく、別に財源を生み出す道があることがわかると、ますます怒りが湧いてきます。

2012年4月21日 (土)

放射能が心配です

■ジュジュ北習志野で・・・

S_3

 消費税増税ストップの署名、原発再稼働を許さず、自然エネルギーに転換させましょう!

 学校帰りの高校生が「がんばってください」「民主党以外の政党にがんばってほしいんです」

 署名してくれた女子高生は「消費税は困ります。母が志位さんと同級生みたいで、よく話しているんです」と。

 また、「放射能が心配で、測定器を自分で買いました」という方もいらっしゃいました。

 こういう不安に、原発を再稼働して、どう応えるつもりなのか!と怒りがこみ上げてきます。

■高根公団で・・・

S_4

 石川敏宏市議、丸山県議の議会報告会。

 私も、さっそく、北習志野での様子を伝えながら、決意表明しました。

■津田沼駅で・・・

20120421_s

 民青同盟のみなさんの宣伝に合流しました。

 国際労働機関(ILO)の総会(ジュネーブ、5月30日開始)が若年雇用を主要テーマのひとつとしていることにあわせ、日本の若者の実態をILOに届け、安定した良質な雇用を実現しようと、取り組まれています。

 署名、アンケートにご協力いただきました。

■青年のつどい・・・

 少人数でしたが、少人数だからこそ、原発の問題など、みなさんの率直な思いを交流することができました。

 今後も、気軽にとりくんで行きたいと思います。

2012年4月20日 (金)

6月1日演説会ポスターできました

 JR船橋駅南口で・・・

S

 6月1日船橋市民文化ホールで行う日本共産党演説会の新しいポスターできました。

 演説会のお誘い
 消費税増税こそ、景気悪化、財政悪化を進める、最悪の税金の取り方です。
 原発再稼働を許さない戦いを起こしましょう!と訴えました。

 金沢和子市議、丸山慎一県議、佐藤重雄市議、事務所のみなさんと一緒に!

■保育後援会のつどい

S_2 

 保育現場で働くみなさんと交流!

 子ども子育て新システムでは、子育てに困っているお父さん、お母さんをさらに苦しめるだけだと痛感します。

・・・日本共産党の見解です。
 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-02-02/2012020204_04_1.html

 

2012年4月 7日 (土)

船橋駅で署名

 船橋駅北口で、消費税増税ストップの署名宣伝行動!

20120407s

20120407s_2

署名にご協力いただきました。

2012年4月 1日 (日)

消費税増税から23年

 新津田沼駅前で、消費税増税ストップ!の署名・宣伝行動。

20120401_s

 地域の後援会のみなさん、丸山慎一県議、金沢和子市議と一緒に10数人で宣伝しました。

20120401_s_2

 1989年4月1日、消費税が導入されて23年。3%が、5%になり、今さらに10%にされようとしています。

 社会保障のためと言われて導入された消費税。しかし、一向に福祉は良くならない。それが、実感ではないでしょうか。

 それもそのはず、消費税を増税しても、一方で法人税などを減税しているからです。

 つまり、増税しても「とにかく大企業が儲かりさえすれば!」という、考え方を改めない限り、福祉が良くなる見込みはまったくないということです。

 それは、この23年間を振り返れば、明らかです。


« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ