« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

アーサー・ビナードさんと、しりあがり寿さんの対談

 たまたま友人との会話の中で知った アーサー・ビナード×しりあがり寿「あの日からの、さがしています」 に行ってきました。

 アーサーさんは、アメリカ生まれ、日本に来て、日本語を勉強し、広島を訪れ、衝撃を受けます。

 1954年3月1日ビキニ環礁でのアメリカの水爆実験で、被爆したマグロ漁船、第五福竜丸の絵本?を出版されていて、以前、「3.1ビキニデー」の講演で一度、お話を聞いたことがありました。

 今回の企画は、アーサーさんが手がけた写真絵本『さがしています』の刊行記念対談。

 広島の資料館に保管された遺品など残ったモノの写真絵本。そのモノに語らせるという絵本には、いろいろな意味で強いインパクトを与えられました。

 しりあがり寿さんは、あ!絵を見てこの人か!と、すぐにわかります。朝日新聞の4コマ漫画!!を書かれている方です。

 昨年の3月11日の震災以降、震災や、原発のことを、独自の視点で描いている・・・

 と、帰りの電車の中で、購入した『あの日からのマンガ』を読んだ感想です。

 2人の対談は、なかなか深く、重いモノがありました。

 なにより、印象に残ったのは、アーサーさんが言った、「ピカドン」

 この言葉に出会い、今まで自分が、アメリカで学んできた「原爆=アトミック ボーン」や「核兵器=ニュークリア ウェップン」という、同じ現象を表しているモノを見る視点が、変わった。と。

 原爆は、エノラゲーを操縦する上空から、

 核兵器は、ペンタゴンの核戦略を進める側から、

 しかし、「ピカドン」は、生活していた人たち、落とされた人の実感から出てきた言葉。

 なるほど!!と、うなりました。

 原爆から、原発を見れば、よくわかるともアーサーさんは話していました。

 原爆の材料を作るために、原発は作られた。電力のためじゃない。核燃料サイクルとか言うが、あれは、質の良い原爆の元になるプルトニュームを作るため。だいたい、「原発の安全性なんてない」。

 「原爆の安全性」なんて言わないでしょ。

 心やさしい虐待がないのと同じと。

 これまた、うなりました。余計な言葉をはぶき、本質を言い表す言葉は、単純でわかりやすい。

 アーサーさんのように、物事の本質を深くとらえ、シンプルでわかりやすい言葉を磨かなければと、多くの刺激を受けた一夜でした。

2012年9月24日 (月)

飯山満駅・・・領土問題

 東葉高速線 飯山満(はさま)駅での、朝の宣伝。

S

 渡辺ゆう子市議、丸山慎一県議とともに。

 「尖閣諸島、竹島、全千島 私たちはこう考えます」のチラシと、私の活動紹介をのせたチラシを配布しました。

 日本共産党の領土問題での考え方は、20日の「ニコニコ生放送 まるごと紹介!いっきに見せます共産党!」5時間40分にわたる番組の中で、志位和夫委員長が、話をしています。

 志位和夫委員長が登場するのは、2:05~です。ぜひご覧ください。

*録画番組を視聴するには、ニコニコ動画への会員登録(無料)が必要です。

2012年9月23日 (日)

原発・TPPから見える既成政党批判から、財界政党批判へ!

 第52回船橋市母親大会が峰台小学校の体育館で行われ参加しました。

 「生命を生みだす母親は、生命を育て、生命を守ることをのぞみます」をスローガンに全国各地で開催されています。

 「セヴァンの地球のなおし方」の映画上映の後、午後から全体会。 

Dvc00214

 オープニングは、コーラス「わらべ」のみなさん。とっても繊細で綺麗な若々しい声が響き渡りました。

Img_0499

 「話し合いの広場」では、船橋市北部在宅介護支援センターの関山美子さん、食文化研究会会長の雨宮正子さん、農民運動全国連合会常任委員の斉藤敏之さんが、それぞれの立場から話、会場からの質問に答えました。

120923

 福島第一原発事故後、福島の農民の仲間たちが、本当に悔しい思いをしている。と話を切り出した斉藤敏之さんの話を、少し長くなりますが、紹介します。

 日本テレビのTOKIOの番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画「DASH村」は、10数年かけて開墾され、本当に素晴らしい環境を築いてきた。しかし、福島県双葉郡浪江町にあったため、警戒区域に指定をされ、人が入ることはできない。

 築き上げたすべてを奪われた。

 放射能は、目に見ることも、臭いも、触ることもできない。機械を使わなければわからない。しかし、事故当時、日本には、放射線測定ができる「ゲルマニウム半導体放射線測定装置」は、160台しかなかった。1検体調べるのに1時間かかる。

 農民連の食品分析センターには、問い合わせが殺到したが、一機1500万円~2000万円する。そんな時、政府が、「検査機器の購入に補助金を出す」と発表。

 問い合わせると、政府は「輸出するモノに対しての検査については、補助金を出します」と。(会場からどよめき)

 どうしても「放射能を見える化していく」必要があると、全国にカンパを呼びかけ、多くのみなさんのご協力で検査機器を購入。「見える化」させることは、「汚染されたことに対する怒り」を忘れないことであり、「汚染されない地で生きる権利」を主張する力になる。

 しかし、政府は、すでに来年度の検査費を減額する流れを作っている。

 これまで、私たちは、自分たちの健康も含めて、農薬の基準を守っているから良いではなく、安全、安心の農産物を作ることに力を尽くしてきた。放射能の問題も、政府の基準以下だから大丈夫という話に、すりかえさせてはいけないと思う。

 これだけ、原発に対する反対の世論があるのに、なぜ、政府は再稼働に固執するのか。そこには、アメリカの核戦略がある。

 いま、原発を製造できるのは、日本、アメリカ、フランス、ロシア。しかも、アメリカ企業を、東芝と日立が買収した。

 しかもアメリカは、原発ゼロを再考せよ!と言ってきた。その背景には、原発を動かせば、原爆の材料が必ずできる。それは、きちんと日本が管理すべきだと。

 いま、中国で4基の原発を、東芝が建設。
 ベトナムでは、日立。

 まさに、原発で儲けようとする流れ。2030年代原発ゼロ!に対して、日本経団連、経済同友会、日本商工会の3団体が文句を言い。閣議決定を見送った。

 財界、アメリカ言いなりの何者でもない。

 いま、日本経団連の会長は。住友化学の米倉会長。住友化学は、遺伝子組み換えの種子の7割を握っている、モンサントと、専属契約を結んでいる企業。

 いまは、運動の中で「遺伝子組み換えでない」という表示がされているが、TPPが導入されれば、それ自体が競争を阻害することだと、出来なくなる。国のかたちそのものをアメリカに渡してしまうことになる。

 船橋でも、放射性物質が検出され、たけのこが出荷停止になった。なぜ、汚染されたのか、根本原因を見ていく。自分たちの足元、地域のことから、世界を見ていくことが必要だと考えている。

 その後、会場から「遺伝子組み換えって何が問題なんですか!?」と質問。

 斉藤さんは、遺伝子組み換えは、さまざまな事が行われていますが、特に今問題になっているのは。

 1つは、除草剤をかけても、かれない大豆やトウモロコシのように、除草剤に強い遺伝子を組み込む。

 しかし、当初は、その除草剤で枯れていた雑草も、耐性ができ、かれない「スーパー雑草」が出現して大問題になっている。つまり、大量で、強い除草剤がかかった大豆や、とうもろこしを食べているということ。

 2つは、BTコーンという、虫がつかないトウモロコシや綿を作った。BT剤という農薬があり、その毒素を組み込んだから、虫がつかない。それを、私たちは食べている。

 いま、アメリカで問題になっているのは、種子を7割独占しているモンサントの裁判。たとえば、遺伝子組み換えでない種子で、トウモロコシを栽培した農家Aさんの隣で、遺伝子組み換えのトウモロコシを栽培しているBさん。花粉が飛び、Aさんのトウモロコシが遺伝子組み換えと交雑してしまった場合、モンサントがAさんと訴えるというもの。と。

 この話は、本当にびっくりでした。

 本来、訴えるのは、普通に生産したAさんのはず。遺伝子組み換えをまき散らかしたモンサントが訴えられるならわかりますが、本当に企業の儲けのためには、何もかも、それを基準にする。

 斉藤敏之さんは、最後に、こういう状況の中で「1%の儲けのために、99%を犠牲にする」今の資本主義のままで良いのか!?というのが、世界で問われはじめている。

 ジャカルタで行われた食料主権をめぐる国際会議でも、そこが一番のテーマになっていた。と、しめくくりました。

 長くなりましたが、今日は、本当に勉強になりました。原発にしても、TPPにしても、企業の儲けのために、健康に生きる権利さえも奪われる。

 それを本来規制すべき政治、政府そのものが、企業の儲けを守るために行動している今、その流れにのらず、99%の国民と共にたたかう日本共産党が、その存在感を示していかなければいけないと改めて痛感しました。

 問題なのは、既成政党かどうかではなく、その政党の本質!財界政党批判へ、流れを変えなければ!!

 実は、斉藤敏之さんは父で、改めて、すごい人だと痛感した日でもありました。

2012年9月22日 (土)

福島から避難してきました。

 新津田沼駅前で、消費税の増税中止を!原発を即時ゼロに!を求める署名を宣伝を行いました。

120922_s_3

 「原発の署名ですか?」と若い女性が、署名をしてくれました。

 その女性は、福島から避難をされてきた方で、「家も奪われ、職も奪われ、本当に大変。そのうえ消費税の増税なんて、本当に困る」と。

 しかも、警戒区域外は、すべて自己責任。補償に対して境界線を引いている今のやり方に、大きな怒りを持っていました。

 原爆の被害を小さく見せようと、被爆者の認定を、なかなか国が認めないのと、まったく同じ構図です。補償の線引きをすることは、被害を過小評価し、放射能による健康被害を拡大させるだけで、本当に許せません。

 女性は「共産党には、頑張ってもらいたいけど、政権はとれませんよね」と。

 私は、「確かに、次の国政選挙で政権を取ることはできないと思います。しかし、今の国会の中で、問題の本質を明らかにし、解決の方向を提案する政党は必要だと思いませんか」と話すと。

 「そうですね。頑張ってください」と固い握手を交わすことができました。

120922_s_2

 宣伝は、丸山慎一県議、石川敏宏市議、渡辺ゆう子市議、地域の後援会のみなさんと一緒に訴えました。

 石川市議が持っている新聞は、オスプレー配備反対の沖縄県民集会10万1000人の方々が、レットカードを突きつけ、抗議している写真を載せた、しんぶん赤旗日曜版です。

 また、日刊紙の一面は、中国大使館に、領土問題で申し入れを行った記事です。ぜひ、こちらをご覧ください。外交交渉による尖閣諸島問題の解決を

120922_s

 写真は、たまたま通りかかった友人が、署名をしてくれました。今年2月に誕生した男の子。とってもかわいいんです。

 この子が健康に育っていける日本を!そのためにも、原発はいらない!!

 日本の借金をこれ以上、増やさないためにも、経済の悪循環で税収を減らす消費税増税は実施させない!!頑張らないと!

2012年9月21日 (金)

署名はないの!?

 JR船橋駅北口で朝宣。

丸山慎一県議、金沢和子市議、地域のみなさんと。

120921

 今日の「しんぶん赤旗」を掲げて、「尖閣諸島問題など、領土問題は、歴史的事実と道理を持って、冷静な外交交渉で解決することが求められています。日本共産党の志位和夫委員長が、日本政府に申し入れを行いました。」と訴えました。

120921

「外交交渉による尖閣諸島問題の解決を」提言はココをクリック!

 また、消費税増税や、原発問題で訴えていると、一度通り過ぎた女性が戻って来て「署名はないの!」と。

 さすがに、忙しい出勤時に署名をやったことはなく、その趣旨を伝えると、「意志表示したくても、なかなかできないじゃない。私、絶対反対だから」と。

 良く考えた、消費税増税に反対なのか?原発に反対なのか?は、わかりませんが、「意志表示がしたい!」強い思いが伝わってきました。

 黙っているだけでは、認めていること。

 「わからない」とか「難しいわよね」でとどまらず、そこから抜け出し、意志を明確に持ち、行動する流れが、この日本の中で広がっていることを、改めて、実感した朝宣でした。

■ボーリング交流会

20120920_2

 地域の労働組合のみなさんの交流会に参加。ボーリングです!
 いつぶりか忘れましたが、かなり久しぶりのボーリングでした。1ゲーム目100!2ゲーム目104!私的には、なかなか良い成績です。

 さまざまな分野の皆さんと交流ができ、楽しいひと時を過ごすことができました。

2012年9月20日 (木)

市議会傍聴

 JR南船橋駅で、朝宣。京葉線、武蔵野線の駅で、近くには、ららぽーとやIKEAがあります。

120920

 若松団地に住んでいる佐藤重雄市議と、丸山慎一県議、地域のみなさんと。

120920_s

 17日の船橋での脱原発デモの様子を紹介しながら、「政府は当初、2030年代までに、原発ゼロ!を閣議決定しようとしていたのに、日本経団連、経済同友会、日本商工会の3団体に異例の記者会見をされたら、翌日には、閣議決定を見送る。民主党政権が誰を見ているかは、この一連の流れを見るだけでも明らかです」

 財界の要求は、聞くけど、金曜の官邸前や全国各地での抗議行動の声は聞く気がない。野田首相に対して、唯一今度の選挙で直接審判を下せるのは、私たち船橋市民だけです。

 責任重大!頑張らねば!!

■市議会傍聴

 午後は、船橋市議会の日本共産党、岩井友子市議の一般質問を傍聴しました。 

 船橋市のホームページで、質問の動画を見ることができます。

 動画は、ここをクリック!

 市民の生活が苦しくなっているもとで、消費税の増税と社会保障の改悪に対する市長の政治姿勢を問う再質問の中で、岩井市議は・・・

 「負担のできない人に負担を求めるのは、生存権を犯すこと。・・・税金は、応能負担で、消費税に求めるべきではない」

 と、指摘したうえで、今のやり方は「不道徳」であるとの質問に、その通り!と思わず、拍手したくなりました。

2012年9月17日 (月)

敬老の日は野田KOの日!…脱原発デモin船橋

 9.17敬老の日は野田KOの日!!黄色い電車連合プレゼンツ脱原発デモin船橋が、天沼弁天池公園で行われました。

20120917

 午後2時前、和太鼓でスタート、うたごえ、ライブ、浦安で放射線量を測定しているお母さんなどからのスピーチと多彩に、プログラムが進行。

 3月から毎週金曜日、首相官邸前で抗議行動を続けている、首都圏反原発連合のみなさんが、野田首相に面会した時の中のメンバー3名によるトークライブ。

20120917_3

 ある意味とってもレアです。実は、みなさん、はじめて船橋で脱原発デモを行った6月24日の時から、来て下さっています。

 真ん中に座っているのが、イルコモンズさん。「決して、決して、決して、僕たちはあきらめません」と、野田首相に話した方です。

 下にリングを貼りました。面会のノーカット版です。ぜひ、見てください。イルコモンズさんの発言14:20~グッときます。
http://www.youtube.com/watch?v=zg0HhEG4imY

 デモ出発前には、同日同時刻に野田首相の事務所がある薬園台でデモを企画したみなさんと、電話をつなぎ、エール交換。

20120917_2

 そして、プログラムの最後は、デモ出発の始球式!原発巨人軍のるきつらさんの仕切りで、審判は、さいたまんぞうさん、そして、ピッチャーは志位和夫委員長。

 貴重な映像は、こちらをクリック!

 いよいよ!デモ出発です!

20120917_s

 丸山慎一県議、志位和夫委員長と共に・・・

 音響機材をのせた軽トラックを先頭に、先輩ブロック!ファミリーブロック!そして、再び、トラックのDJカー!最後はドラム隊と、多彩なデモの隊列。

20120917_s_3

 天沼弁天池公園を出発し、新しくできた道を南に下り、本町通りを抜けて、船橋駅南口を通過し、天沼弁天池公園に戻る約1時間のデモ!!

 リズミカルな音楽と、心に響くラッパーのコール!「再稼働反対」「子どもを守れ」「原発いらない」みんなの声が、街中に響き渡り、マンションから、沿道から、手を振り、声援が・・・

 参加者は、1100人!すごかったです!!

 お天気も心配されていましたが、一瞬さーと雨が降っただけで、すぐにあがり、大成功!! みなさん、本当にお疲れさまでした!!

20120917_s_5

デモの最後に解散地点で志位和夫委員長とツーショット!

デモが終わった後は、デモ割で盛り上がりました。

20120917_4

 デモ割は、杉並が発端!地元の飲食店の皆さんに、ちょっとした割引をお願いし、デモが終わってすぐ帰るのではなく、地域にお金を落としていこう!デモをやって、地域活性化にもつなげよう!参加者の交流の場にもなって一石二鳥!という取り組みです。

20120917_s_4

 なんと、雨宮処凛さんも、デモからデモ割まで参加をされていて、記念にツーショット!実は、雨宮さんも6月24日のデモにも参加されています。

 野田首相が船橋の出身だから、船橋はいま熱い!!確実に輪は、広がっています!

 2030年代に原発ゼロ!すら、財界の圧力にふらつく野田首相。

 自民党の総裁選に立候補したみなさんは”最終的には「原発ゼロ」を目指す?”の質問に、全員「×」。

 けっきょく、人の命よりも、お金!

 経済がどうとか、雇用がどうとか言いますが、日本に住めなくなれば終わりです。なぜ、そんな天秤にかけられないモノ同士を天秤にかけるのか!?

 人がそこに住み、生活をし、そもそも生きているから、経済は成り立つのです。

2012年9月16日 (日)

明日、船橋で脱原発デモ!!

 政府が発表した「エネルギー・環境戦略」で、2030年代までに「原発ゼロ」とありますが、2030年代とは、遅すぎます!

 パブリックコメントでも、8割の人が「今すぐゼロ!」を求めています。

 いよいよ明日!敬老の日!船橋で同時多発デモが企画されています。

 薬園台と、船橋駅北口の天沼弁天池公園から、それぞれ、午後4時デモ出発です。

 船橋市、はじまって以来の歴史的な同日同時刻のデモでは!?

 私も、天沼弁天池公園に参加します!

Photo

詳細は、こちらをクリック→http://917noda-taji.tumblr.com/

2012年9月14日 (金)

高根公団駅で。

 新京成線 高根公団駅で、石川としひろ市議と、地域のみなさんと一緒に朝宣。

120914

 消費税増税や、原発再稼働をめぐる問題について、話しました。

 「本当に、今の日本は、ひどい。民主党には、がっかりした。野田さんは、どうしょうもないね」と。

 こういう声、ホントよく聞きます。

2012年9月12日 (水)

一番緊張する駅・・・薬園台

 新京成線の薬園台駅で、朝宣!

120912_s_2

 丸山慎一県議、地元の地域のみなさんと一緒に、私も訴えました。

120912_s

 ここは、船橋市内の中で一番緊張する場所です。

 なにしろ、ホームが目の前で、電車待ちをしている方々に向かって、訴えるのです。

 電車の間隔は、3分~5分。

 さらに、野田首相の自宅や、事務所がある地元中の地元です。
 「消費税増税、原発再稼働反対の願いを、日本共産党と、わたくし、さいとう和子に、ぜひ託してください。と力を込めて訴えました。」

2012年9月10日 (月)

二和向台駅で・・・

 新京成の二和向台駅での朝の宣伝。

120910_s

120910

 毎週月曜日、関根和子市議が、ずーと続けている朝宣。丸山慎一県議とともに、私も訴えました。

 知り合いの高校生や、一緒に今年3月の宮城県石巻市への震災ボランティアに参加した学生にも会うことができました。

 実は、その学生のお父さんは、参議院埼玉選挙区予定候補の伊藤岳さんなんです。

2012年9月 9日 (日)

高津観音寺合同慰霊祭に参加して

関東大震災89周年慰霊祭
高津観音寺第29回合同慰霊祭:碑建立13周年に参加してきました。

120909_1

頂いた資料より・・・

「1923年9月1日の関東大震災の後、関東各地で朝鮮人虐殺事件が起きました。八千代市内での事件は、現在、確定できる場所が4ヶ所あります。これらの地域では、軍隊が、当時、東習志野にあった陸軍の捕虜収容施設から、ここに保護されていた朝鮮人を連れ出して村人に殺させたという異常な出来事でした。事件は、50年目にしてやっと語り始めることができた人々の証言や記録などによって明らかになったのです。」

120909_5

地元住民もほとんど知らない「隠された歴史」が、

「習志野4中の郷土研究会のグループが昭和50年代の初めに、夏休みの活動で地元の方から聞き取りをした中で、この八千代の事件が出てきたのが始まりです。」

120909_s

それを知った有志の方々が、実行委員会をつくり、この慰霊祭を、1983年(昭和58年)から、毎年継続して行っています。

120909_2

関東大震災では、死者・行方不明者10万人を超え、その惨事、混乱の中で6000人を超える朝鮮人が殺されたとされ、全国で慰霊行事が行われているそうです。

なかでも、高津観音寺は地元の方々が中心になっていることで、高く評価され、韓国のみなさんから、1985年(昭和60年)梵鐘と鐘楼、翌年には韓国仏教会から慰霊塔が寄進され、韓国テレビ放送の現地取材があり、ツアー旅行にもここの慰霊碑巡拝が組み込まれていたそうです。

120909_3

120909_4

下の写真2枚は、韓国のタプコル公園で撮影したものです。

Photo

Photo_2

まさに、韓国で見たモノと、同じ作り、柄の鐘楼が、私の身近に存在していることを知り、衝撃を受けました。韓国の方が、材料をすべて持ち込みつくられたそうです。

その後、萱田長福寺「至心供養塔」

120909_6

萱田中台墓地「無縁供養塔」を巡拝しました。

120909_7 

自分が生まれ育った地域の歴史は、知っているようで、知らない。

関東大震災の時に、なぜ、これだけの朝鮮人の人たちが殺されなければならなかったのか!?

混乱の中で、時の政府に向かう怒りを、身近な敵を作ることで回避する。

これと同じ事が、思想的に今も行われていやしないだろうか!?

日本人が背負う加害の歴史は、辛いものがある。
しかし、私は、それが自虐史観だとは思ない。
その歴史に学び、けっして歴史を繰り返さない崇高な姿勢がないことこそが、日本人の誇りを私は奪っていると思うのです。

2012年9月 8日 (土)

原発はいらないですよね。

 午後3時00~JR船橋駅北口で宣伝!

 消費税増税中止と、原発からのすみやかな撤退を求める署名を呼びかけました。

 写真一番左で訴えているのが、佐藤重雄市議、その隣が丸山慎一県議、一番右に写っているのが、岩井友子市議です。

120908_s

 宣伝を始めようとしたら、さっそく若い2人が寄ってきてくれました。

 「原発はいらないですよね」と。

 「あの原発事故後、すぐ節電の家電なんかが、どんどん出てきて、日本ってすごいなぁ~って思ったんです。そういう力を、もっと活かしていけば、原発はいらないですよね」と。

 もう、話を聞きながら、2人ともすごい!と感動。話すこと話すことが、どんどんかみ合うし、共感し合える。なんて素敵な対話なんでしょう。

 しかも、薬園台高校出身であることが判明。

 「やっぱり、文化祭で演劇やったの!?」と聞いたら、「はい!」と笑顔!!

 こういうことがあると、本当に嬉しくなる。

 「17日の敬老の日に、脱原発のデモが船橋であるんだよ!」と紹介。そこで、また会えたら、感動的だなと思いつつ。。。

120908_s_3

 机の所にいるのは、金沢和子市議。

 地域の後援会のみなさんも、たくさん参加してくれました。

 消費税増税実施の2014年までに、増税勢力、自民、民主、公明党に審判を下して、実施させない!増税させないために、みなさん力を合わせましょう!!

2012年9月 7日 (金)

官邸前は、やっぱり熱い!嬉しい再会!

 毎週金曜日の官邸前行動!

 今日は、比例中国ブロック予定候補の石村智子さんが、官邸前に来るとのこと。気合いを入れて、18時からの抗議行動の開始前に、官邸前に行きました。

120907

 官邸真正面の首都圏反原発連合のスピーチコーナー前で、合流した東京12区の池内さおりさん比例中国ブロックの石村智子さん、そして、私です。

 前回の衆議院選挙を、それぞれの場で共にたたかった仲間との再会は、何よりも頑張るエネルギーをもらえます!! 

 その後、国会議事堂前のスピーチコーナーに移動!

Dvc00083

 18時コールが始まりました。「原子力規制委員会人事案撤回!」「再稼働反対!」の声が響きわたります。

Dvc00082

 だいぶ、日が落ちるのも早くなりました。

Dvc00087

 志位和夫委員長もスピーチ!

 「国民生活が第1」の姫井参院議員が、「みなさんは、今すぐ原発はゼロを求めていると思いますが、まずは2025年までに原発をなくすという法案を通すことが必要・・・」と、話している間にも、「何言ってるんだ!いますぐなくせ!」の声が、次々あがっていました。

 そのあとに登場した、志位和夫委員長「政府は、2030年代までに原発ゼロというが、そんなに待てない!今すぐ、原発はなくせ!」

 「そうだ!!!」の声があがり、しらけた冷やかな空気が、一気に沸騰しました。

 そんな中、偶然にも、参議院東京選挙区予定候補の吉良よしこさんとも合流でき・・・

4

 タイミングよく赤旗の記者さんが写真を撮ってくれまた。みんな良い顔してます!

 確かに、あの20万人の時に比べると、官邸前の人数は減っていますが、それでも、熱さは冷めるどころか、ますます沸騰している。しかも、官邸前から、その怒りの行動は、全国各地に飛び散り、千葉県内だけでも、5カ所(千葉、柏、流山など)で、毎週金曜日の抗議行動が始まっています。

 この声を無視し、原発にしがみつく野田首相の地元から、「原発はいらない!」の声をさらに大きくあげなければ!!!

 9月17日「敬老の日は野田KOの日!!黄色い電車連合プレゼンツ脱原発デモin船橋」

 午後2時~JR船橋駅北口の天沼弁天池公園でイベント

 午後4時 デモ出発!

 それ以外にも、この17日は、同日同時刻で野田首相の事務所がある薬園台でも、デモが企画されています。

 同時多発で、脱原発、反原発のデモが行われるなんて、船橋市はじまって以来じゃないかと!

2012年9月 6日 (木)

馬込沢駅で再会

東武線の馬込沢駅での朝の宣伝です。

120906_s

 宣伝を始めようとした瞬間!見覚えのある方が!

 なんと、県立清水高校で講師をしていた頃、お世話になった先生でした。

 もう10年以上たっているのに、先生はまったく変わってなくて若い!タイムスリップしたような不思議な感覚になりました。

 何度か宣伝は行っていますが、はじめてお会いすることができました。やっぱりタイミングってあるんでしょうね。

 毎週木曜日は、岩井友子市議が訴えています。今日は、丸山慎一県議と一緒に、私も訴えました。

2012年9月 4日 (火)

高校の同級生!

 JR津田沼駅で朝の宣伝!

 津田沼駅は、新京成との乗り換えや、多くのバスが発着し、これまたたくさんの方々が、利用されています。

120904

 人の流れに、酔ってしまいそうになるぐらいです。

 その中で、あれ!? 高校の同級生!
 千葉を離れていると聞いていましたが・・・

 何年ぶりの再会だろう!?

 なんだか、嬉しくなりました。

 毎週火曜日は、日本共産党の丸山慎一県議、石川敏宏市議、中沢学市議、渡辺ゆう子市議が、宣伝を行っています。

2012年9月 3日 (月)

西船橋駅

 JR西船橋駅北口での朝の宣伝!

120903

 総武線、京葉線、武蔵野線、東西線、東葉高速線、近くには、京成線も通っていて、たくさんの方が利用されている駅です。

 新しく作成したチラシを配布しました。

 丸山慎一県議、松崎さち西部地区青年学生部副部長、地域のみなさんと共に。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ