« 原発はいらないですよね。 | トップページ | 二和向台駅で・・・ »

2012年9月 9日 (日)

高津観音寺合同慰霊祭に参加して

関東大震災89周年慰霊祭
高津観音寺第29回合同慰霊祭:碑建立13周年に参加してきました。

120909_1

頂いた資料より・・・

「1923年9月1日の関東大震災の後、関東各地で朝鮮人虐殺事件が起きました。八千代市内での事件は、現在、確定できる場所が4ヶ所あります。これらの地域では、軍隊が、当時、東習志野にあった陸軍の捕虜収容施設から、ここに保護されていた朝鮮人を連れ出して村人に殺させたという異常な出来事でした。事件は、50年目にしてやっと語り始めることができた人々の証言や記録などによって明らかになったのです。」

120909_5

地元住民もほとんど知らない「隠された歴史」が、

「習志野4中の郷土研究会のグループが昭和50年代の初めに、夏休みの活動で地元の方から聞き取りをした中で、この八千代の事件が出てきたのが始まりです。」

120909_s

それを知った有志の方々が、実行委員会をつくり、この慰霊祭を、1983年(昭和58年)から、毎年継続して行っています。

120909_2

関東大震災では、死者・行方不明者10万人を超え、その惨事、混乱の中で6000人を超える朝鮮人が殺されたとされ、全国で慰霊行事が行われているそうです。

なかでも、高津観音寺は地元の方々が中心になっていることで、高く評価され、韓国のみなさんから、1985年(昭和60年)梵鐘と鐘楼、翌年には韓国仏教会から慰霊塔が寄進され、韓国テレビ放送の現地取材があり、ツアー旅行にもここの慰霊碑巡拝が組み込まれていたそうです。

120909_3

120909_4

下の写真2枚は、韓国のタプコル公園で撮影したものです。

Photo

Photo_2

まさに、韓国で見たモノと、同じ作り、柄の鐘楼が、私の身近に存在していることを知り、衝撃を受けました。韓国の方が、材料をすべて持ち込みつくられたそうです。

その後、萱田長福寺「至心供養塔」

120909_6

萱田中台墓地「無縁供養塔」を巡拝しました。

120909_7 

自分が生まれ育った地域の歴史は、知っているようで、知らない。

関東大震災の時に、なぜ、これだけの朝鮮人の人たちが殺されなければならなかったのか!?

混乱の中で、時の政府に向かう怒りを、身近な敵を作ることで回避する。

これと同じ事が、思想的に今も行われていやしないだろうか!?

日本人が背負う加害の歴史は、辛いものがある。
しかし、私は、それが自虐史観だとは思ない。
その歴史に学び、けっして歴史を繰り返さない崇高な姿勢がないことこそが、日本人の誇りを私は奪っていると思うのです。

« 原発はいらないですよね。 | トップページ | 二和向台駅で・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505301/55619618

この記事へのトラックバック一覧です: 高津観音寺合同慰霊祭に参加して:

« 原発はいらないですよね。 | トップページ | 二和向台駅で・・・ »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ