旅行・地域

2008年8月14日 (木)

韓国・平和の旅⑫-最後に

 ドイツのヴァイツゼッカー大統領演説に

「罪の有無、老幼いずれを問わず、われわれ全員が過去を引き受けねばなりません。全員が過去からの帰結に関わり合っており、過去に対する責任を負わされているのであります。

 心に刻みつづけることがなぜかくも重要であるかを理解するため、老幼たがいに助け合わねばなりません。また助け合えるのであります。

 問題は過去を克服することではありません。さようなことができるわけはありません。後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです。」

「かつて敵側だった人々が和睦しようという気になるには、どれほど自分に打ち克たねばならなかったか――このことを忘れて5月8日を思い浮かべることはわれわれには許されません。ワルシャワのゲットで、そしてチェコのリジィツェ村で虐殺された犠牲者たち――われわれは本当にその親族の気持ちになれるものでありましょうか。

 ロッテルダムやロンドンの市民にとっても、どんなに困難なことだったでありましょう。そのためには、ドイツ人が二度と再び暴力で敗北に修正を加えることはない、という確信がしだいに深まっていく必要がありました。」

100

 今の自民党を中心とする日本政府の姿勢、憲法9条を変えようとする動きを見ていると、この言葉の重みをずしりと感じる。そして、韓国に行き、見聞ききし、韓国の人々と触れ合ったからこそ、この言葉の意味を理解できるそんな気がする。

 原爆被爆という被害者としての日本人。と、アジア2000万人の命を奪った、加害者としての日本人。この両方の日本人が抱える、問題はとてつもなく大きい。

  「二度と誰にもこんな思いはさせたくない」「自分たちが生きている間に核兵器をなくしたい」と語る被爆者たち、反戦・平和を願う世界中の人々の思いを実現するためには、「原爆が落ちてあの戦争が終わった。原爆が落ちて良かった」と思っている、少なくないアジアをはじめとした人々とも手を取り合う必要がある。

 そのために、いま日本がやらなければならないことは、「原爆が落とされても仕方なかった」と正当化させてしまうような行動をとってはいけない。あの侵略戦争を正当化し、美化するような動きを許してはいけない。二度と戦争はしない、武力は持たないと決めた“憲法9条”を変えるなんてことを、許してはいけないんだ、と強く思った。

 そして、本当の意味で加害者、侵略者であったことを認め、受け入れ、「二度とこんな過ちはおかさない」と反省し、国民が誓い合ったとき、日本は、唯一の被爆国として本当の意味での役割が発揮できるのではないかと思った。

 日本人として生まれ、日本人として生きる私が、日本という国がたどってきた過去と向き合い、そこから、私は何を導き出すのか。そして、これから、どう生きるのかが、問われている気がする。

 私は、被爆者にも、従軍「慰安婦」にも、戦争体験者にもなりたくない!そして、私の子や孫にも・・・

 いま、被爆者の方も、ハルモニも、思い出したくもない体験を、声をしぼり、心をしぼって語ってくれている。「もう誰にも、私のような思いをさせたくない!」この思いが結実した、憲法が活かされる社会をつくりたい。

 そのために、いま私に出来ることは何なのか、真剣に考え、生きたいと思う。

■最後に・・・・・

 この報告を仕上げるのに、約5ヶ月かかりました。正直、資料も写真も見たくない、思い出したくないと、向き合うことができない時期が多々ありました。それだけ、韓国平和の旅は、私に大きな衝撃を与えたのだと思います。その思いが少しでも伝わったら幸いです。

038

06年8月 斉藤 和子

2008年8月13日 (水)

韓国・平和の旅⑪-まとめ

■韓国の旅を終えて

 韓国に行って本当によかった。

 日本人として生きることの意味、重さを感じた。

 60年前に終わった戦争は、60年後の今も、様々な意味で続いているんだと実感させられた。よく「“いじめ”た側は忘れても、“いじめ”られた側は忘れないものだ」と、そんな話がよくある。戦争を“いじめ”にたとえるのは、どうかとも思うが、独立記念館で見た、何百本もの韓国国旗。西大門刑務所にかけられた大きな韓国国旗、高々とこぶしを突き上げた像などなど、韓国で見た一つ一つに、「もう二度と誰からも支配されない」という強い意志と、誇り、そして侵略への怒りが伝わってきた。侵略された側の屈辱、怒りを、私ははじめて肌で感じたのかもしれない。

 日本軍「慰安婦」歴史館の中に作られた、慰安所、2畳ほどの小さな部屋、薄暗い部屋の中にある、木のベットと、アルミの洗面器…入り口から部屋を一回り見回した。よく考えると、けっきょく私は、その慰安所の部屋に入らなかった。無意識のうちに、私はその部屋に入ることを拒否していたのだろう。

 西大門刑務所でも、人一人が立ってやっと入れる拷問の箱が再現されていたり、拷問の様子が蝋人形で再現されているのを見ながら、私は、感じ、考えるのをやめていた。たぶん、自分の目の前に展示されている内容を、自分のこととして受け止め、想像したら、その場にいることは絶対に出来なかったからだろう。一生懸命、客観的に、感じないように、感じないように見ていた。

 拷問を受けた人たちは、日本軍の侵略に反対し、韓国の独立のためにたたかった人たちだ。まさに、日本の反戦、平和を掲げてたたかった日本共産党員に通じる。しかし、日本人が日本人にした拷問、虐殺は、怒りになる。だが、日本人が韓国人、別の民族にした行為を目の前で見せられたとき、怒りにはならない複雑な思いになった。

 “追悼の碑”の前で手を合わせたとき、私は心の中で「ごめんなさい」とつぶやいていた。なぜか涙がでてきた。息苦しくて、言葉を失った。出てくるのはため息だけだった。

 たぶん、日本が60年前の戦争を、侵略戦争と認め、きちんと謝罪し、反省し、未来に向かっていたら、同じ展示を見ても、もう少し違った感じ方をしていたように思う。

064

 ちょうど、私たちが見学に行ったとき、小学校にあがる前の子どもたちが、先生と一緒に列を作ってこの刑務所の中に入って行った。

 その後を追うように、私たちも入り、展示を見ながら、あの子どもたちが、これを見たのかと思うと、ぞっとして、いたたまれなくなった。

 日本人が自らやった行為を知ることなく生活している日本人と、韓国国民がかつて受けた行為を生生しく知らされている韓国人。ここには、大きな隔たりがある。

 私たちは、地下鉄の中でも、食堂でも、なぜか言葉数が少なかった。それは意識してなのか、どうかはよくわからない。でも、過去の戦争のこと、この国の人たちにした侵略行為を知れば知るほど、日本語を話せなくなっていった。

 037

 韓国ではじめて出会ったチャンさんは、私たちに「過去の歴史を知っていますか?」と聞いてきた。

 私は「知っています」と答えた。しかし、私は、知らなかった。

 バスの中でたまたま座ったおばあちゃんに、「日本人?」と日本語で話しかけられた時、私は、ここでもいたたまれなくなった。なぜ、このおばあちゃんが日本語を話せるのか。そう考えただけでも、苦しくなる。

 くったくのない笑顔で、私たちを独立記念館の前で見送ってくれたおばあちゃん。ガイドブックを開き、きょろきょろしていると、すぐ誰かが話かけてくれる。どうして、みんなこんなに良い人たちなのか、なんでこんなにやさしいのか。日本人なのに、あんなひどいことをした日本人なのに・・・・・・。

066

 日本軍「慰安婦」の水曜集会でも、みんながコールをしているのを、そっと見ていることしか出来なかった。一緒に、大きな声をあげることが出来なかった。すごく複雑な気持ちに、ここでもなった。

 私たちに言われていること、日本政府を変えられるのは、私たち日本人。そう、考えると、その責任の重さを、感じずにはいられなかった。

つづく・・・

2008年8月12日 (火)

韓国・平和の旅⑩-西大門刑務所歴史館

2006年3月29日(水)

6:20 午前便で帰る2人がホテルを出発

7:00 ホテルを出て 南山公園・南大門市場をウロウロ 

051 052 053 054

055

9:30 西大門刑務所 見学

その後、仁寺洞(インサドン)をウロウロ

057 056

12:00 日本大使館前へ 「慰安婦」の水曜集会へ

063

お昼を食べて

062

14:30 ホテルに戻る お迎え ソウルを出発

21:00 成田到着

059_2

西大門刑務所歴史館は・・・(日本語パンフに)

「祖国の独立のために、日帝の侵略に立ち向かって戦った末に、亡くなられた愛国烈士を偲び、烈士の自主独立の精神を振り返る、生きた歴史教育の場」

「我が民族は、日本帝国による強制占領という痛みを抱えてきました。この時期は民族のプライドが傷つけられ、民族自らの発展が中断されるなど、苦難の歴史でありました。それと同時に、我々には歴史的な現実に屈したり、妥協したりせず、民族の独立の為の闘争の歴史があり、そのおかげで今の私たちが存在し得るのです。西大門刑務所歴史館はこのような歴史を引き継ぐための教育の場として開館しました。明日を担う若者たちはもちろん全国民が、国のために命を捧げた烈士たちの志を偲び、屈辱的な過去の歴史を克服するために、国を愛し民族を愛する志を学ぶ場となりますことを祈念します。」

060 

 歴史館に入り、地下に日本軍が韓国人におこなった拷問の場面が蝋人形で再現されていた。その周りの壁には、ハングル語で落書きがいっぱいされていた。何が書いてあるのかは、わからないが、怒りが伝わってくる。
 独房に閉じ込める。水をかけ、竹刀でめった打ちする。人一人立ってやっとの木箱に人を立たせ、数時間で足が内出血。当時使われていた獄舎、ハンセン病舎、死刑場を見た。言葉がなかった。

 外に出て、太陽の光を浴びたとき、こんなにも太陽の光は、まぶしかったのかと思った。

 そして、獄舎にかけられている、とにかく大きな韓国国旗が目に飛び込んだ。

061
 
 私は、まったくわかってなかったと思い知らされた。

 民族が支配されることの屈辱、それへの怒り・・・日本は、本当の意味で侵略され支配された国民の思い、怒りを知らずにいるのではないかと思った。

日本軍「慰安婦」の水曜集会は、1992年1月8日の正午から、毎週天候に関係なく「7つの要求事項」をかかげて、日本大使館前でおこなわれている。すでに集会は700回を超えた。

058

1、日本政府は日本軍「慰安婦」強制連行の事実を認めよ!
2、これに対して公式に謝罪をせよ!
3、蛮行の全貌を明らかにせよ!
4、犠牲者たちのために慰霊碑を建てよ!
5、生存者や遺族に対し補償せよ!
6、このような過去が繰り返されないために、歴史教育の現場でこの事実を教え続けよ!
7、責任者を処罰せよ!

つづく・・・

2008年8月11日 (月)

韓国・平和の旅⑨-「慰安婦」

■ハルモニの手・・・

 話しを聞き終え、私たちは、ハルモニと一緒に写真を撮った。

044

 ハルモニと握手をした時、こんなにちっちゃい手・・・なんだが、申し訳なくて申し訳なくて、涙が出てきた。

 その後、一兵さんの案内で、歴史観を見学した。一兵さんの話しを聞いて、はっとさせられたのは、「従軍慰安婦」という言葉。「従軍」というと、自らの意思で従ったみたいだが、どの人もだまされたり、家族から売られたりしている。「慰安婦」という言葉も、ここを訪れた中学生が、「自分はここに来るまで、部活のマネージャーみたいに、軍人さんの食事や洗濯などお世話をする人だと思っていた」と話したと聞き。言葉は恐ろしいと思った。国連では「従軍慰安婦」のことを「性奴隷」と言っている。しかし、ハルモニたちに「性奴隷」とは言いづらいため、(かっこつきの)「慰安婦」と記してあると。

 慰安所を再現した、薄暗い二畳ほどの部屋には、名前の札がかかっていた。その名前はみな、日本人名だった。そして、性病の検査結果の表には、年齢が書かれ、「可」「不 淋病」「月経」などと書かれている。物の検品のように、一覧表にされ、こんな侮辱的なことがあるだろうかと思った。

045 046

 ここに暮らしているハルモニたちの思いを、まったく無視して「従軍慰安婦はなかった」「軍は関与していなかった」と、なぜ日本政府は言えるのだろうか。彼女たちが嘘をついているとでも言うのだろうか。「パスポート、パスポートをちょうだい!」「私は絶対に日本に行くの!」と、病院のベットの上で、最後まで訴え続けて亡くなったハルモニの映像をビデオで見ながら、この人たちの思いを無にしちゃいけない。二度とこんな思いをする人を作っちゃいけない。そのためにも、ちゃんと事実を明らかにし、認め、次の世代に伝えていかなきゃいけない。なんとも言えない、ひんやりとした重苦しい空気の中で、そんな思いを強くした。

047 050

048 049

*ナヌムの家には、ハルモニたちの思いを代弁するモニュメントがたくさんあります。

2008年8月10日 (日)

韓国・平和の旅⑧-ハルモニの話

■ムン・ピルギさんのお話

043

 お父さんは、学校に行くのに反対していた。でも、お母さんが、秘密でお米を売って、学校に通わせてくれた。学校では、日本語がうまいと評価されていた。しかし、ある日、お父さんが、学校に行っていることに気づき、連れ戻され殴られた。家を飛び出し、おじさんの家にかくまってもらった。

 学校に行きたいと思っていた。15歳だった。

 そのとき、あそこに行けば、学校にいけるし、工場で働けると話しをする人がいて、そんなうまい話はないと思った。荷車に乗ったら説明すると言われ、乗るつもりはなかったのに、乗せられ、そのまま連れて行かれた。

 トラックに乗せられて、釜山の方に行った。美容室に連れて行かれて、「髪を切れ」と言われ、長い髪を切られて、泣いてしまった。お母さんにも何も話してないのに、いきなり連れてこられたことが辛く、ひどい。美容室の横の食堂で「メシを食え」と言われ、食べたくなかったので、もめていたら。「自分の言うことをよく聞けば、よくしてやるし、家にも返してやる」と言われた。連れてこられたことが辛くて、それも知り合いのおじさんが自分をだましたことが許せない。15歳の子どもが近所のおじさんにだまされて、日本軍に連れて行かれた。許せない思いが今でも残っている。

 釜山からソウル駅に行く汽車に乗せられた。乗りたくなかった。いつ家に帰れるのか不安だった。釜山から5人、ソウルで10人、さらに新義州で10人の25人で満州に連れて行かれた。満州では、二階建ての家に入れられ、たたみの部屋で、2人が横になったら、いっぱいの小さい部屋に入れられた。幼い女の人たちが、連れてこられていた。

 小泉首相は、賠償してないし、認めないし、許せない。

 軍人に抵抗したら、制裁のためにと、暖炉にあった“焼きごて”を、脇に押し付けられた。泣き叫んだ。3ヶ月たっても治らなかった。今でも傷が残っている。消毒も薬も何もない。焼酎で消毒していた。こんな恥ずかしい思いを・・・日本人は、そうゆうことをなぜ出来るのかと思った。自分の子や妹だったら、出来ないはずなのに。慰安所には、日本人女性はいなかった。

 今でも腰が痛い。何で腰が痛いかわかりますか?毎日軍人の相手をさせられた。倒れても、倒れても、今でも夢で軍人に、襲われる夢をみる。夢の中でも・・・・・軍人が毎日何十人と、小さい時から無理やりにやられたから。その時の話をすると、重く、苦しくなる。気持ちがつぶれるようになる。

 小泉は悪いやつだ。竹島は韓国の領土なのに、自分の領土だと言ってる。

 慰安所で、「痛い」とも恥ずかしいから言えなかった。何度も男性の相手をさせられて、すごく恥ずかしいのと、息が詰まる。慰安所のことを思い出すと息苦しい。

 日本は何もしてくれない。ハルモニたちが、一人一人亡くなっているのに、死んでいくことを待ち望んでいるように思う。自分たちの思いを、誰が聞きほぐし、きれいにしてくれるのか、まだわからない。腰を痛め、“焼きごて”を押し付けられ、悪いことすべて・・・・・。日本人の人と話しをすると、心がつぶれる。昔を思い出す。

070

 解放されてから、故郷に帰るのも、大変だった。父は亡くなっていた。父は、娘が慰安婦にさせられたことを、すごく悔いて亡くなっていた。父は60で亡くなった。罪の意識で。

 解放をむかえてから、ソ連軍が来たが、日本軍はもう逃げていた。自分は姉さん格の人と一緒にいた。外の門を叩く音がして、出ていったら、ソ連軍がいて「お前たちの持ち物を全部出せ」と言われた。日本軍にもひどいことをされて、ソ連軍にまで、ひどいことをされたらと思い、逃げた。慰安所の地下に中国人の家族、おばあちゃんがいて、息子が働いていた。そのおばあちゃんに着物などをもらい、ソ連軍をやりすごして、ビクビクしながら。姉さん格の人が「帰る道を知っているから」と一緒に帰ることにした。

 いつもより、いっぱい話しているわ(笑)

 かくれるように逃げた。汽車がものすごく人が多くて。そのお姉さんが紹介してくれた男性が私の荷物を持ってくれた。南の方へ川を渡る、首まで水があるところを渡った。男性が「生きのびられたら、私が結婚してあげる」と。男性がソウル駅まで連れてきてくれて、おにぎりがすごくおいしかった。

 帰って来てから、私をだまして連れて行ったおじさんが、どうしても許せなくて会いに行ったが、会えなかった。だから、そのおじさんが、わかっていてだましたのかどうかはわからない。

 小泉が、教科書に、韓国の女性が連れて行かれたことを一つも書いていない。

 日本で教えてないと思う。

つづく・・・

2008年8月 9日 (土)

韓国・平和の旅⑦-3日目

2006年3月28日(火)

8:00 ロビー集合 近くのカフェで朝食
9:00 ナヌムの家に向け出発 地下鉄を乗り継ぎ江邊(カンビョン)、市内バスに乗り1時間
11:00 ナヌムの家到着、ハルモニの証言を聞く
 一緒に昼食をいただく 「慰安婦」の歴史館を一兵さんの案内で見学。ビデオを見る。

夕食は、明洞(ミョンドン)で、有名な餃子を食べる

035

■ナヌムの家へ

 8:00に集合して、近くのカフェで、なぜか?サンドイッチとコーヒーの朝食。

033 034

 地下鉄に乗り、江邉(カンビョン)へ。ここから、市内バスに乗り1時間。“ナヌムの家”の行き方は、詳しくバスの番号も書いてあったので、無事に乗車。でも、降りる場所が、わからず、結局乗り過ごし、次のバス停で下車。そこからタクシーで20分ぐらい。

039 040

11:00 ハルモニたちが住む「ナヌムの家」に到着。

041

 まえに、2つのグループが「歴史館」を見学していて、途中から合流させてもらった。その後、証言を聞き、途中ハルモニたちと、昼食を食べ、また続きを聞いた。

036

 そして、もう一度、ボランティアをしている一兵さんが、「歴史館」をはじめから案内してくれた。

042

 お話して下さったのは、ムン・ピルギさん(『「慰安婦」と出会った女子大生たち』・新日本出版社の証言にのっている方・詳しくはこちらを)

つづく・・・

2008年8月 8日 (金)

韓国・平和の旅⑥-独立記念館

■独立記念館

 バスにゆられること30分。独立記念館に到着。が、どうも様子がおかしい。なんと休館日だった。

020  

 たしかにガイドブックには「休みなし」と書いてあった。が、後でもう一冊をよく見たら、「月曜休み」と書いてあった。いろんな意味でショック・・・

 でも、門番をしていたおじさんが、公園の中には入れてくれた。展示館は見ることは、できなかったが、公園の中だけでも入れたのは良かった。

021_2 022_3

*独立記念館は
 121万坪の広大な敷地に立つ。1982年国民の強い希望によって独立記念館建立の募金運動で1987年8月15日の光復節(独立記念日)に開館した。有史以来、半島国家として中国や日本からの侵攻を受けてきた韓民族の困難克服と国家発展の歴史に関する資料を収集・展示し、民族精神と国家意識を後世に伝えることを目的とした巨大な施設だ。

025

 第3展示館は、日帝侵略館。植民地時代の日本の侵略行為が等身大のジオラマで再現されているらしいが、見ることは出来なかった。

023_2

 一番の印象的だったのは、数百本の韓国国旗が、メインストリートの両側で、ばたばたとはためいていたこと。

 はじめ、なぜ、こんなにも国旗が!?と思ったが、公園の中を歩いたり、一番奥にある、「追慕の場」の周りにある石の壁に彫られた、鎖や、戦いのシーンとともに、国旗を高々と掲げている壁画をみながら、ふと思った。

027 028 068 069

 もしこれと同じ事を日本が、日の丸でやったら、「軍国主義の復活!」をイメージさせるだろう。アジアから批判され、なによりも日本人である私自身が危険性を感じるだろう。
しかし、ここではためいている、何百本もの韓国の国旗は、たぶん人々の誇りなのだろうと思った。

 もう、どこの国からも、われわれ民族は支配されない!という強い決意と誇り、そして怒りが込められているような気がしてならなかった。

024

 それは、広大な敷地の中にある、この記念館が国民の募金によって建てられたこと自体にも現れているように思った。

 正直、そのことに気づいてから、私はバスの中でも、地下鉄の中でも、食事をしていても、日本語を話すことに、躊躇している自分がいた。

 独立記念館を回り、また2時間近くかけて、ソウルまで戻った。

029

 3・1独立運動を開始した、タプコル公園によってみたが、これまた18:00までで、着いた時には、すでに門がしまっていた。

030

 この日は、本当にタイミングが悪く、移動距離も多かったせいもあり、とにかくつかれた。

 しかし・・・・・・

■シンチョンの焼肉屋

 夕食は気合を入れて、ガイドのチャンさんに教えてもらった新村(シンチョン)の焼肉屋へ。

 駅で、またキョロキョロしていると、少し酔っ払ったおじさんが、英語で話しかけてきた。丁寧に、ここで乗り換えろと路線図を出して教えてくれたのだが、行き先が違うところを指している。どうも「シンチョーン」だったらしく。韓国語の発音は難しいと改めて感じた。このおじさんは、よく日本の幕張に来ていると話していた。

031_2

 シンチョンに降りてからも、チャンさんのメモを何人かの人に見せながら聞くも、「わからない」と首を傾けられ、けっこうお金もちそうな、若いカップル?夫婦?に話しかけたら、わざわざお店に電話をし、地図を書き、英語で説明してくれた。

 しかし・・・どうも見当たらず、ウロウロしていたら、おばさんに「焼肉ですか?うちは有名な焼肉屋ですよ。おいしいですよ」(日本語)と笑顔で言われ、このお店が、目的としていたお店なのかどうか、けっきょくよくわからないまま、日本語が通じるという安心感で入った。たぶん、安くておいしかったんだろうと思う。

 骨付きのカルビ、豚のカルビ、冷麺も食べて、一人25000w(約3000円ちょっと)だから、まぁよかったのかな。

032

つづく・・・

2008年8月 7日 (木)

韓国・平和の旅⑤-サバイバル

■まさにサバイバル

 チャンさんは、他のお客さんのガイドのため途中下車。

 私たちは、チャンさんに言われたとおり、バスの運転手さんの合図でバスを降りた。

 しかし、いったいどこに行ったらいいのかわからない。バスを降りてから、高速バスに乗るまで何人の韓国の人と関わっただろう。

013_2

 こっちが道を聞きたいのに、道を訪ねられたり、「こっちだよ」って感じでおばあさんが案内してくれたり、とにかくガイドブックを開きながら、必死でウロウロした。「バス乗り場ですか?」と日本語で返ってきた時には、ビックリ!したやら、安心したやら。やっとの思いで、ターミナルに到着。

014

 次は、切符。ここで、困ったのが、数字。金額を言われても、いくらだかわからない。

 食事のときも、指で数を教えてもらった。

 12:00ソウル発の天安行き高速バスに乗り、1時間。

016_2 

 今度は市内バスに乗るのだか、次から次へと来るバスの、どれに乗っていいのやら???

 まずは、切符売り場で「独立記念館」と書いたメモを見せると、おばさんは、とっても驚いた顔をし、ニコニコと笑顔になった。でも、けっきょく色々話しかけられたけど、まったくわからず、930Wの切符を買い「カムサハムニダ」とお礼を言った。おばさんは、さらにビックリした顔をしていた。

067

 でも、どのバスに乗ったらいいのか、いまだ不明。別の切符売り場で、今度はおじさんにメモを見せた。350~499とバスの路線の番号を書いてくれたので、そのバスに乗ったら、独立記念館までは、1030Wらしく、100Wたりなかった。

 つまり、おばさんが一生懸命言っていたのは、金額のことだったようだ。

■日本語を話せるということ

 バスの中で、一緒に行った学生のとなりに座ったおばあさんが、彼に話しかけていた。頭をひねっていた学生に、「日本人?」と日本語が返ってきた。これまた衝撃だった。なぜ、このおばあさんが日本語を話せるのか。それは・・・と考えると、そのこと自体がある意味衝撃であった。一緒にいた、たぶんお孫さんはすごく怪訝な顔をしていた。なんとも気まずかった。

 そのおばあさんの旦那さんは日本に来ていたらしく、おじいさんを呼び、話しをしようとした時、バスは独立記念館に到着した。

つづく・・・

2008年8月 6日 (水)

韓国・平和の旅④-2日目

2006年3月27日(月)

7:20頃 朝からハプニング、学生が一人胃痛で倒れる。
急遽、保険会社、ガイドのチャンさんと連絡をとり、近くの病院へ

10:30 一人学生をホテルに残し、3人で独立記念館をめざす
12:00 高速バスターミナル→天安(チョナン)
14:00頃独立記念館に到着・・・・が、様子がおかしい
16:10 天安→ソウルへ
      タプコル公園に到着するも・・・・・またまた

一度ホテルに戻り、気合を入れなおして、焼肉を食べに新村(シンチョン)へ

011

■サバイバルな一日

 この日は、朝からまったく予定通りにいかなかった。そのおかげで?思いもよらない経験や、韓国の人々にたくさんお世話になった日でもあった。

■韓国で病院に行く

7:20頃、「胃が痛い」と一人ダウン。
みんな同じものを食べていて、なぜ、彼女だけが倒れたのか?

 その原因はたぶん「水」。思い起こせば・・・彼女は夕飯の時、お店で出された水を飲んでいた。しかし、他の3人は、ほとんど飲んでいない。その理由は、チャンさんがバスの中で「ソウルの水道水は飲まない方が良い」と話していたのを聞いていた。しかし、その時、彼女は寝ていたのである。あぁ~もっと早く気づくべきだったと思ったが、すでに遅い。

 「困ったときは、いつでも電話下さい」と教えてもらったチャンさんの携帯にかけると、他の仕事を蹴ってホテルに来てくれ、歩いて5分ぐらいの近くの病院(ビルの3階にある内科で、こぎれいな歯医者って印象)に連れて行ってくれた。

010・・・ビルの3Fに病院

 彼女は、診察を受け、おしりに注射を打たれたらしい。韓国では、おしりに注射するのが常識。薬をもらって、彼女はホテルへもどり、残りの3人は、チャンさんの案内で、市内バスに乗り、ソウル高速バスターミナルへ向った。

つづく・・・

2008年8月 5日 (火)

韓国・平和の旅③

■チャンさんとの出会い

 無事ガイドのチャンさんに出会うことができた。彼女は、32歳の素敵な女性だった。「まだ、日本語を勉強中なので、変な言葉づかいしたら、おっしゃって下さいね」と流暢な日本語を話していた。

006 007

 ソウルに向うバスの中で、チャンさんから「みなさんはどこに行くんですか?」と質問された。「独立記念館と、従軍慰安婦の“ナヌムの家”に行きます」と話すと、彼女は非常に驚いていた。「日本人は、だいたい韓国に観光とエステで来ます。歴史のことについて学びに来る人に会ったのは始めてです」と。

 それから、「どうして、そういうことに興味を持ったのですか?」「ガイドブックに正しく書いてあるか、私が見てあげます」と、日本人がどう見られているのか、歴史についての日本の見解に対する疑いなどなど、はじめから考えさせられた。

 「慰安婦」については、事前学習していた、神戸女子大学の石川ゼミの本を見せたら、「ちょっと読ませて下さい」と、すごく興味を持っていたので、プレゼントした。

■韓国で初の食事

 ホテルに到着したのは、8時過ぎであたりは暗くなっていた。機内食しか食べていない私たちは、さすがにお腹がすき、ホテルから少し歩いた小さな食堂に入った。

009

 メニューに何が書いてあるのか、まったく分からない。日本語も、英語も、私たちが話す韓国語も通じない。けっきょく、ガイドブックを指差しならが「おすすめはなんですか?」と。
 何が出てくるのかわからない、不安と期待がいりまじったドキドキ感は、はじめてだ。
 次々出てくる、キムチやチジミ、青菜の炒め物みたいな物を食べていた。出てきたのは「プルコギ」という、有名なスープ料理らしい。これは、なかなかおいしかった。

008

つづく・・・

より以前の記事一覧

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ